記述問題の凡ミス対策

現役生は、ちょうど中間テストの時期のようですね。受験に使えない部分にはできるだけ時間を奪われないように、気をつけてください。1日の勉強時間をタイマーでカウントする受験生がいますが、過去に、学校のテスト対策の時間は厳しくノーカウントにしていた人がいました。「受験勉強」のうちには入らないというわけですが、今回の質問者は、学校のテストからも得るべきものがあったようです。

<Nさん>
いきなりすみません。先日学校の定期テストの日本史でほとんど記述式だったのですが
島津久光→光久
安藤信正→正信
王政復古~→大政~
など特に名前を反対にしてしまうミス連発で10点以上失点してしまいました。普段書いて覚えることをしないので漢字間違えがひどいのですがどうすれば克服できますか?(´;ω;`)

<石黒>
しゃべって覚えていたら、「光久」や「正信」などひっくり返してしまうことはありえないと思います。かなり基礎的な部分で問題が発生しているようです。書かなくてもいいのですが、頭の中で漢字は思い浮かべるようにしてください。

<Nさん>
お返事ありがとうございます もっと喋り勉強の量を増やすようにします!

聴くだけ日本史−内閣編−

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事