しゃべり勉強って何をしゃべるの?

derutoko.comでは、毎週水曜日と土曜日にメールマガジンを発行しています。内容は、このブログの過去記事から、今読んでおくべきおすすめのエントリーを再編集したものです。2005年5月以来、2300本を超える数の記事がありますから、読みあさるのも一苦労だと思います。入試本番までいよいよ時間もなくなってきましたから、役立つ記事だけを効率的に読めるメルマガも、ぜひ活用してください。もちろん、購読は無料です。
モバイル版登録ページ
PC版登録ページ

今回は、そのメルマガの内容についての質問を紹介します。

<Kさん>
今日のメルマガ見て思ったことあるんでメールしました。僕は喋り勉強で一気に復元しようと頑張ってましたがそうじゃなくて喋り勉強は単語を覚えるためであって復元に直接結びつけるものでは無いのですか?

<石黒>
しゃべり勉強というのは、人によってさまざまなやり方があります。たとえばこうです。
(1)口に出して音を聴いて覚える。
(2)しゃべって説明することで自分が理解しているかどうかを確認する。
(3)復元の際に書くのより早いからしゃべる。
というわけで自由にやればいいと思います。いずれにしても復元の最終段階は、頭の中で思い出すだけですね。

<Kさん>
ありがとうございます。書いてる時間はホント勿体無いんで難しい漢字だけ書くようにします。

聴くだけ日本史−内閣編−

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事