私大一般入試を優先したい人のためのセンター対策

一昨日、無事「日本史道場」が終了しました。夏に続いて先生がおひとりご参加くださいました。ハーフサイズ模試で果敢に挑んだ猛者たちがいましたが、見事に蹴散らされていました。また、代ゼミの早大プレで高得点を取った人も来てくださいましたが、同じく撃沈していました。当方のハーフサイズ模試は、単純暗記で取れる問題が少なく、考えて解く問題やひねった問題を多く配しているからでしょう。いくら過去問をたくさんやったとしても、その解き方が単純暗記によるものでは、こうした問題に対処できないのです。

河合塾池袋校の冬期講習、および「日本史道場」を受講してくださった方からの質問を紹介します。

<Sさん>
こんばんは。3日間お疲れ様でした。ただでさえ内容が詰まった講座なのに5講を一気に3日でやるのは大変かと思いましたが、授業に吸い込まれてあっという間でした!1月の早慶大日本史までに通常授業分も合わせてしっかり復習したいと思います。
さて、先ほど1つ質問し忘れてしまったのでここで質問させていただきます。センター利用で明治や青学などを出願しようと思うのですが、いつ頃からセンター対策に力をいれたらよいのでしょうか。できれば一般入試に力を入れたいのですが。。。

<石黒>
センターを重視しないのなら、「日本史道場」の復習が一段落したところで、センターの過去問を3年分くらい解く程度で良いのではないかと思います。それで9割得点できれば問題ありません。9割に届かなければ、弱点の範囲を分析したり、正誤問題でどういうタイプの誤りを見つけられなかったのかを、丁寧にチェックしてみてください。

<Sさん>
なるほど。ありがとうございます!実はまだセンターの日本史で9割行ったことないのでがんばります。明後日の日本史道場楽しみにしてます!!

あるある正誤問題

パソコンでごらんの方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
でるとこ攻略日本史メルマガ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

携帯でごらんの方は、こちらからご登録ください

関連記事